eValueシリーズの導入事例のご紹介 ~ システムインテグレータ

笑顔の先に、価値がみえる

導入事例統合型グループウェアeValue NSの活用で目覚ましい効果をあげたお客様の声

クレスコ北陸株式会社  (システムインテグレータ)

業種:システムインテグレータ
従業員数:60名(2013年7月現在)
事業内容:ソフトウェア開発、システムインテグレーション、アプリケーションサービス、ネットワーク構築、CAEサービス
北陸のシステムインテグレータが
自らSMILEとeValueを導入
顧客への拡販にもつなげる
クレスコ北陸株式会社は地場企業との永続的な取引を重視し、ITソリューションを総合的に提供するシステムインテグレータだ。同社は自社の会計システムを『SMILE BS 会計』に刷新。またグループウェア『eValue NS』も同時に導入し、ドキュメント管理とスケジュール管理の利便性を高めた。自社導入の経験値を活かし、顧客へのシステム導入に弾みをつけている。

導入の狙い
  • 旧システムの刷新
  • 取り扱い製品の自社活用

導入効果
  • 文書、スケジュール管理の利便性向上
  • 顧客へのシステム拡販

導入システム

飲食店のセルフオーダーシステムやCAEの独自開発が特長の独立系SIer

代表取締役社長 角野 正樹氏

代表取締役社長 
角野 正樹氏

金沢を拠点に北陸地域で営業展開する独立系システムインテグレータ、クレスコ北陸株式会社(以下、クレスコ北陸)。

創業は1974年、小松市内で株式会社スタット・サプライとしてメインフレームの運用業務を開始した。2000年に東京証券市場第一部に上場。その後、ソラン株式会社と商号変更し、2012年からクレスコグループの一員となる。

この地域は大手建設機械メーカーの城下町で、工作機械メーカーや、炭素繊維を製造する航空機関連産業など、製造業の裾野が広い。そうした製造・流通業を始めとして、地元の飲食業、金融業、公共団体・自治体などに長くITソリューションを提供してきたのがクレスコ北陸だ。

ソフトウェアやシステムの受託開発と、ハード・ソフトの代理販売のほかに、CAE(Computer Aided Engineering:コンピュータを活用した工業製品の設計・開発支援)も主力業務としているところに同社の特長がある。石川県内の建機メーカーに20年以上、構造・機構解析の受託サービスとサポートを提供。構造物と装置部品の強度計算や、流体シミュレーション解析による正確な検討・評価データを提供。試作品段階における強度・性能試験のやり直し回数を減らし、顧客の製品開発の品質向上とコスト削減に貢献している。

「独立系で中立のシステムインテグレータであることが弊社の最大のアドバンテージ」と代表取締役社長の角野 正樹氏は語る。「お客様のニーズに合ったシステム環境を、メーカーのしがらみに関係なく提供できます。一回限りの受託開発、製品提供で終わるのではなく、お客様のビジネス戦略に基づくITインフラの提案・構築から保守・運用まで一貫したサービスの提供で長期のお取引をいただいています」

例えば、回転寿司店で客席からタッチパネルで注文できるセルフオーダーシステム構築でも、システム開発、機器手配、店舗への導入、運用保守まで一貫して手がけている。客席からタッチパネルでオーダーするとキッチンプリンタで厨房へオーダーがもれなく伝わり、ハンディターミナルで正確に会計処理できるのが特徴だ。このシステム導入により、店舗スタッフの作業効率が向上し、会計ミスも解消されたという。回転寿司ベルトコンベア製造・販売会社との協業により、全国90店舗以上の回転寿司店へ導入されている。

クレスコグループ加入を契機に会計システムとグループウェアを刷新

地場企業を総合的なITソリューションを通して支援している

2012年4月にクレスコグループの一員となり、旧グループ企業内の共通システムから独自社内システムへの入れ替えが必要になった。クレスコ北陸は旧「ソラン」時代の2004年からOSKと販売契約を締結した、SMILEシリーズ、eValueシリーズの販売代理店である。こうした経緯により、数あるパッケージソフトの中から会計システムとして『SMILE BS会計』、統合グループウェアとして『eValue NS』が選ばれたのは当然の結果だった。

「自社導入することで、よりシステム内容の理解が深まり、お客さまにもきめ細やかなサービスをご提供できると考えました。そもそも取扱商品なので、内容はすべて把握しており、弊社でカスタマイズも可能です。自社製品のようなものです。社内システムとして導入するには最適でした」と角野氏は言う。

予算管理、業績管理、原価管理などシステム開発の基幹システムは、自社開発したものを利用している。『SMILE BS 会計』に必要な情報を抽出・連携する運用だ。旧グループ時代はグループウェアもグループ共通のシステムを使っていたが、こちらは『eValue NS』に移行。『eValue NS』にはドキュメント管理、ワークフロー、グループウェア(スケジューラ、コミュニケーション)の大きく三つの機能があるが、主にドキュメント管理とスケジューラを活用している。現状では、ワークフローは基幹システムに組み込まれてものを利用している状況だ。

ドキュメント管理は社内の総務系文書に限定し、顧客のシステム仕様など機密性の高い文書は別システムにて管理することで、高度なセキュリティレベルを維持している。

「開発部門はアクセスコントロールされており、担当者でなければ閲覧できません。社内文書とお客様に関する文書が混在していると漏洩のリスクが高くなります。一つのシステムにまとめれば利便性が良くなりますが、逆にリスクも高くなるのです。ある程度、利便性を犠牲にしても機密性は保つべきです」と角野氏は語る。

顧客の「ベストパートナー」を目指すツールとして

総務部 課長 松本 真由美氏

総務部 課長 
松本 真由美氏

『eValue NS』の導入でスケジュール管理とドキュメント管理は格段に使い勝手が良くなった、と語るのは総務部 課長の松本 真由美氏だ。

「例えば施設予約。会議室の予約などは今まで社内のホワイトボードに記入するというアナログな形式でした。お客様の社名などが書かれているのはセキュリティ上、望ましくありません。『eValue NS』のスケジューラに登録する形に運用を変え、その点も改善されました」

ドキュメント管理は、社内規定・証票の随時更新、社内通達、版管理などに活用している。キーワードを入力すると必要な文書を取り出せる検索機能なども役立っているという。

今後の課題は、独自開発の予算管理、業績管理、原価管理のシステムとの連携だ。例えば『eValue NS』のワークフローで申請した経費が『SMILE BS 会計』に連携し仕訳されるなど、基幹システムと会計データが連携するような一気通貫のシステムを目指している。

クレスコ北陸にとって『SMILE BS』と『eValue NS』は販売商材でもある。自社で実践運用することによってさらに理解を深め、顧客への提供につなげていくことに注力したい、と角野氏は意気込む。「弊社が導入する以前から、『eValue NS』のワークフロー機能の前身である旧Advance-Flowを導入されたお客さまが2社あります。大型車両の組み立てをされている1社には、Advance-Flowに付随して、設計工数の管理システムを外付けで作り込んでご提供しており、今年度中にそれらも『eValue NS』にリプレースされる予定です。もう1社はすでにリプレースを完了し活用されています。直近ではOSKさんのご協力をいただき、県内のグループ事業体にも導入が決まったところです」

また『SMILE BS』のカスタマイズ事例では、食品加工メーカーに基幹システムの再構築とアプリケーション仮想化を提供し、食品の安全・品質管理体制を大幅に強化した。自社導入によって製品の理解がさらに深まれば、最適なシステム提供のノウハウの蓄積につながるはずだ。

地場産業に最適なITソリューションを提供することで、より競争力のある付加価値を創出し、顧客のビジネスに貢献する「ベストパートナー」を目指すクレスコ北陸。それを実現するツールの一つとして『SMILE BS』と『eValue NS』は重要な役割を果たすだろう。

事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は取材当時のものであり、配付される時点では、変更されている可能性があることをご了承ください。
この記載内容は2013年7月現在のものです。

導入事例PDFダウンロード

クレスコ北陸株式会社様 (PDF) [1,362KB]

詳しい情報をご覧になりたい方は、
資料請求をご利用ください。

管理者機能を実機で体験できます。

ブラウザ上で動作する利用者機能を
30日間体験できます。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ