スマートフォン版はこちら
笑顔の先に、価値がみえる OSK
株式会社OSKの新卒採用情報サイト Be OSKer!

人を知る 社員紹介 自分のファンを作ること 受託開発エンジニア 20011年入社 村林弘親

村林弘親の一日のスケジュール

入社のきっかけ、OSKに決めた理由は?

就職活動をしていた頃はSEという職種は全く視野にありませんでした。 最初は営業志望で筆記試験や面接を受けていましたが、面接官の方に「君はSEが向いてるよ」と勧められ、はじめてSEという職種を知り興味も持つようになりました。

学生時代は10年近く海外に住んでいたこともあり、英語には自信がありましたが、それだけでやっていけると思っていませんでした。もともとシステムの構築や提案ということに興味はあったので、英語以外のもう一つの強みとして、ITの知識・技術を身に付けることを目標に、SE としてOSKに入社することを決めました。

仕事の内容や、やりがいを教えてください

ソフトウェア受託開発の部署に所属しています。

ワークフローやドキュメント管理等のグループウェアをお客様のご要望に合せてカスタマイズするのが主な仕事になります。営業同行でのヒアリングやプレゼン、カスタマイズの設計や開発、お客様に対するご指導など、幅広い業務を担当しています。プロジェクト毎に様々な分野の技術に触れることができ、新しいことに挑戦する日々です。

1年目の終わり頃から1人で仕事を任されるようになり、今では自分で考えてシステムを提案し、自ら設計・開発もできるようになりましたが、初めのうちは知識・経験が浅く、何度も苦い思いを味わいました。

例えば、他システムとの連携が上手くいかない問題に直面した時に、原因がすぐに分からず、元々担当していたアプリケーション以外の連携システムやネットワーク、セキュリティ関連のことを必死になって調べました。帰宅後や休日でも自宅で調べ続け、やっと謎が解け問題が解決できたときは、お客様に喜んでもらうと同時に、自分の知識が深まっていくことを実感することができました。

OSKって、どんな会社ですか?

社内は落着きのある雰囲気でありながら、常に明るさがあります。仕事に集中する時間と、課のメンバー と談笑する時間のバランスが取れている快適さがあります。同じ課のメンバーだけでなく、異なる部署の方々と関わる機会が社内外で多く、人脈づくりに苦労を 感じたことはありません。

トラブルに直面した時や失敗してしまった時に、チームのメンバーに何度も助けられたことがあります。自分はすごく恵まれているな、と感じると同時に、今度は自分が助ける側に回れるよう、できるだけ先輩たちのスキルを吸収することを意識しています。

 

今後の目標や、キャリアプランをお聞かせください

幅広い知識を身に付けるために公的資格の勉強は怠らないようにしています。ただ「広く浅く」だけでなく、特定の分野のことは何でも知っているような専門性を持つことも重視しています。成果のひとつとして、現在の部署に配属してからワークフローシステムに2年間携わり、研修の講師を担当できるレベルになりました。 これからは専門の範囲を広げて、色々な場面で「この分野は村林だな」と言われるようになることが目標です。

入社希望者へのメッセージとアドバイス

OSKは少数精鋭の部隊が多いため、活躍の機会がいくらでもあります。機会が多いと言っても、待っていればやってくるものではありません。どんな仕事に対しても積極的に取り組む、前向きな姿勢を持っていれば、早い段階で活躍の機会にたどり着くことができます。また、常に相手の立場で考えて行動する思いやりやコミュニケーション能力も重宝されます。人脈を広げて、「自分のファン」を作ることが大切だと思います。 初めから「根拠のない自信」を持って仕事にチャレンジしましょう。

他の先輩社員インタビューを見る