スマートフォン版はこちら
笑顔の先に、価値がみえる OSK
株式会社OSKの新卒採用情報サイト Be OSKer!

人を知る 社員紹介 会社の縁の下の力持ち 受託開発エンジニア 20013年入社 早坂一成

早坂一成の一日のスケジュール

入社のきっかけ、OSKに決めた理由は?

もともとITに興味があり、プロフェッショナルな技術がしっかりと身につく会社を探していました。4年間の学生生活に比べると、社会に出てからの時間は何十年と長いので、本当に自分に合うと思える会社に就職できるよう、慎重に調べて比較検討しました。

OSKは新入社員から一人前のSEになるまでの道筋がしっかりとあり、それを支える研修制度が充実し ている点に惹かれました。高い技術力を誇るIT企業は世間にいくつもありますが、会社全体としてレベルが高くても、自分自身が成長できなければ意味があり ません。一歩ずつ、無理なく段階を踏んで学ぶことができる環境があるかどうかを重視して決めました。

入社当時はどんな感じでしたか?

私はプログラミングに関してまったくの初心者だったので、入社後のプログラミング研修がちょっと手こずりましたね。初めてプログラミングというものに取り組み、試行錯誤しながらで大変でしたが、教えてもらいながら作りあげたプログラムが正常に動作したときはとても満足感がありました。そのときの感動を忘れ ずに、これからも学んでどんどん成長していきたいです。

仕事の内容や、やりがいを教えてください

仙台開発センターで開発を担当しています。

メインの仕事は、お客様にヒアリングすることによって要望を明らかにして仕様をまとめ、そのニーズを実現できるようにプログラムすること。単に動作するだけではなく、使いやすさや、安定して稼働すること、処理速度などにも配慮しています。

設計担当者と打合せてプログラムの実装方法を考えることはとても楽しいです。プログラムが仕様通りに 動作したときの達成感はひとしおです。とはいえ、華々しい作業だけでなく、地道な作業や、技術的でない雑用をこなす必要もあります。そうしたことも進んで 取り組むようにして、先輩たちの負担を少しでも軽減するように心がけています。「縁の下の力持ち」と言うとちょっとカッコイイですが、まわりの人たちとコ ミュニケーションを取って、何をしたら良いか考えながら積極的に作業するように心がけています。

OSKってどんな会社ですか?

いまでも印象に残っているのは、新入社員当時、わからないことがあって先輩に聞いたときに快く丁寧に教えてくれたことです。社会人になったばかりでかなり緊張していましたが、温かい会社なので、すぐにリラックスできました。仕事の合間にまわりの社員と冗 談を交えて話ができて、居心地はバツグンです。

私のリフレッシュはお酒を飲むことですが、会社の仲間を誘って行くことがほとんどです。ただし、楽しすぎて飲みすぎないように注意が必要ですが(笑)。

今後の目標や、キャリアビジョンをお聞かせください

とりあえず3年後をめどに、一つの案件をメインで担当できるようになって、プログラマーとしても案件担当者としても活躍したいですね。さらに責任感をもった仕事をして、これから5年以内には主任に昇格したいと思います。

入社希望者へのメッセージとアドバイス

就職活動は自分と向き合う良い機会です。
自分について分析して、本当に自分は何をしたいのか、どんな仕事であれば続けていけるのか考えてみてください。
学生と比べたら長い社会人生活、本当に自分に合うと思う会社に就職してください。
その中でOSKに興味を持って頂けたら幸いです。

他の先輩社員インタビューを見る