スマートフォン版はこちら
笑顔の先に、価値がみえる OSK
株式会社OSKの新卒採用情報サイト Be OSKer!

人を知る 社員紹介 ユーザー目線に立つこと 受託開発エンジニア 20009年入社 北澤 英幹

北澤英幹の一日のスケジュール

入社のきっかけ、OSKに決めた理由は?

もともとプログラミングに興味を持っていました。IT企業と一言で言っても、様々なビジネスモデルがあります。会社によってはお客様先へ長期派遣という業 態もありますが、私はそういう働き方はあまり自分に合っていないと考えました。OSKは原則としてじっくりと社内の自分の席で開発作業に取り組めます。同 じ部署の先輩がたにフォローしていただけるのはもちろん、必要ならば社内の他部署にもすぐに質問に行くことができる。それが入社の決め手ですね。

仕事の内容や、やりがいを教えてください

お客様先へ営業担当者に同行しヒアリングやプレゼンテーションしたり、システムの設計書の作成、開 発、テスト、お客様先での設定、調整、導入時の操作指導などを行ったりと、幅広い業務を担当しています。一連の流れを手掛けることができるのでやりがいも 大きい。自分が設計したプログラムが実際に稼働して、お客様から「これまでより作業がずっと早くなった!」「便利になった!」といった声をいただくと、頑 張った甲斐があったと胸が熱くなります。今後もそうした感謝の言葉を頂戴できるようにしようと、気持ちが一層引き締まります。

お客様に使っていただくシステムは、設計やプログラミングがシステム開発者の自己満足なものであってはいけません。お客様の業務の観点で「どのような機能が必要なのか?」「どうすれば使いやすくなるのか?」と常に考えながら設計を行うように心掛けています。

お客様は現状の業務やシステムに何かしら問題や課題を抱えていて、それを解決するために当社にご相 談・ご依頼されます。その問題の本質を把握するためには、システムのことだけでなく、お客様の業務についても知らなければなりません。本やネットの情報を 読んだだけでは細かい所まで分からないので、お客様とリアルなコミュニケーションを行うことが重要ですね。

もちろん、お客様だけではなくプロジェクトのメンバーや、お客様先に同行する営業担当者との意見のす り合わせも大切です。これを疎かにすると、プロジェクトが進んでから「そうではなかった」と言われて手直しが求められることになります。それまで行ってい た作業を振り出しに戻し、設計書を修正し、プログラムを修正し、テストして、作り直して――という作業が何回も続くと、開発メンバーも疲弊しますし、お客 様と約束した納期が守れなくなるかもしれません。よりよい機能を考えていくうえで仕様変更はある程度出てくるにしても、お客様と仕様を丁寧に打ち合せて、 設計するうえで必要な情報を得ることができるように、こちらからもプロとしての経験を活かして適切なヒアリングと提言を行い、十分な説明の上で、納得いた だいて仕様の合意を得るようにしています。

OSKってどんな会社ですか?

仕事中はすべての社員が真面目に取り組んでいますが、業務後には一緒に食事に出かけたり、プライベートで遊んだりしています。社内の雰囲気も、静かすぎて ピリピリしたりするのではなく、かといって騒がしくて落ち着かないということもなく、ちょうど良い、とても仕事しやすい環境です。

今後の目標や、キャリアビジョンをお聞かせください

私自身が若手から中堅へとステップアップする時期です。仕事内容そのものが大きく変わるということはないと思いますが、ひとつひとつの作業でもうひとつ上 のスキルアップを心掛け、グループや開発プロジェクトの中心的メンバーになりたいと思います。また、後輩が成長できるよう、的確な支援・指導を心掛けてい きます。

入社希望者へのメッセージとアドバイス

今のご時世、ITはいろんな所に溢れています。
このITで何がしたいか、出来るのか考えてみてください。
たくさんの方に役立つことをしたい。と思いましたら一緒に頑張ってみませんか。

他の先輩社員インタビューを見る