eValue NS はより一層使いやすく、運用の手間を軽減する機能を搭載

笑顔の先に、価値がみえる
eValue NS2
概要
コンセプト
導入実績
旧eValueをご利用の方へ
システム要件
共通機能
概要
業務ナビ
モバイル対応
製品連携
ドキュメント管理
概要
特長・機能
製品スペック
ワークフロー
概要
特長・機能
製品スペック
スケジューラ
概要
特長・機能
コミュニケーション
概要
特徴・機能
製品スペック
ユーザー保守ツール
概要
特長・機能
製品スペック
機能強化履歴
2016年9月
2015年10月
2014年9月
体験版
  • コヴィディエン グループジャパン
  • カーシーカシマ株式会社
  • eValue NS体験版
eValue NS体験版

機能強化情報(2013年9月) - その他機能紹介

ビジネスの効率化を加速!

強化ポイント
  • より一層の使いやすさを目指して、運用の手間を軽減する機能を搭載。

ドキュメント管理

  • アクセス権の管理を、役職や「正社員」等の個人属性でも設定可能としました。「営業グループの係長職以上」のように、より細かい設定で柔軟な運用が行えます。
  • 公開前の文書については「0.0」版で管理をしたい、とのご要望にお応えして、第0.0版からの管理を可能としました。また、公開前/失効後の文書を複数人で共有して、編集を行うことができます。

ワークフロー

  • 部署の統廃合などの大規模な人事異動があった際に、影響を受ける「ルート」「フォーム」を検出可能としました。該当ルートの変換や、統廃合により存在しない部署/グループを検出し変更する等、管理者のメンテナンス作業を軽減します。
  • 申請フォームの捺印文字を「承認」固定から、「受付」「決裁」といった任意の表示に変更可能となります。また、承認ステージ単位で申請者へ同報することができるので、最終承認前に通知することが可能です。
    例)社長の決裁後に総務が確認を行う→社長決裁のタイミングで申請者に通知を送付

コミュニケーション

  • 文書投稿時に回覧対象メンバーを指定できる「回覧板」機能を搭載しました。「いつ」「だれが」確認しているのか、どんなコメントを記入したのか、回覧状況を確認できます。
  • 「Webメール」「社内メッセージ」について、仕訳機能で指定しているルールに基づき自動転送する機能を追加しました。社外より受信したメールを、関係者で共有する等の運用を可能にします。
  • ローカル保存したメールデータのEML形式での保存に対応しました。他のメールソフトでの利用が可能になります。
文書投稿時に回覧対象メンバーを指定できる「回覧板」機能を搭載
※本ページでは、「eValue NS」および「eValue NS 2nd Edition」を総称して「eValue NS」と表記しております。ただし、それらのいずれかについてのみ適用される事項については、記述を区別し、または補足等している場合があります。

詳しい情報をご覧になりたい方は、
資料請求をご利用ください。

管理者機能を実機で体験できます。

ブラウザ上で動作する利用者機能を
30日間体験できます。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ