「eValue NS ワークフロー」はお客様の「欲しい!」を基に機能強化!

笑顔の先に、価値がみえる
eValue NS2
概要
コンセプト
導入実績
旧eValueをご利用の方へ
システム要件
共通機能
概要
業務ナビ
モバイル対応
製品連携
ドキュメント管理
概要
特長・機能
製品スペック
ワークフロー
概要
特長・機能
製品スペック
スケジューラ
概要
特長・機能
コミュニケーション
概要
特徴・機能
製品スペック
ユーザー保守ツール
概要
特長・機能
製品スペック
機能強化履歴
2016年9月
2015年10月
2014年9月
体験版
  • コヴィディエン グループジャパン
  • カーシーカシマ株式会社
  • eValue NS体験版
eValue NS体験版

機能強化(2014年9月) - ワークフロー機能強化

ポータル機能強化
その他機能強化
ICカード連携や項目の表示制御、欲しい機能をぞくぞく搭載。

交通系ICカード連携により乗車情報をラクラク取り込み

カードリーダーで読み取った交通系ICカードの情報を、ワークフローの申請フォームに取り込みます。定期券範囲外の交通情報のみ取り込まれ、取り込んだデータにはチェックが付くので、入力の手間を削減するだけでなく、内容チェックの負担も削減します。小口旅費の精算や、出張旅費精算などに利用可能です。申請フォームエディタ(ベーシックモード)を利用して、オリジナルの申請フォームが作成できます。

※Sony社製ICカードリーダー(PaSoRi)が必要です。

※ICカード連携はeValue NS 2nd Editionでご利用いただけます。

交通系ICカード連携により乗車情報をラクラク取り込み

稟議書では項目制御や変更履歴確認を行いたい!の声に応えました

申請書の項目に対して、権限に応じた入力内容の表示制御が可能です。例えば、申請者からは上司のコメント内容を非表示にする等、処理者に不要な記入欄を非表示とする運用が行えます。

また、申請書の入力内容が変更されたタイミングで、「誰が」「いつ」「どの項目」を変更したのかを記録します。添付ファイルを差替えた場合は、過去のファイルの参照も行えます。

より安心な制御によって、ワークフロー利用の幅が広がります。

権限に応じた入力内容の表示制御が可能

データ移行ツールを整備

eValue NS ワークフローにデータを取り込むツールを強化しました。既定のCSVフォーマットを利用することにより、データ取込を可能とします。

対象となる情報は、以下の通りです。

  • 承認ルート
  • 申請フォームの内容
  • 申請フォームに添付されたファイル
  • 申請一覧/承認一覧に表示する件名

※eValue NS 2nd Editionでご利用いただけます。

本ページでは、「eValue NS」および「eValue NS 2nd Edition」 を総称して「eValue NS」と表記しております。ただし、それらのいずれかについてのみ適用される事項については、記述を区別し、 または補足等している場合があります。

詳しい情報をご覧になりたい方は、
資料請求をご利用ください。

管理者機能を実機で体験できます。

ブラウザ上で動作する利用者機能を
30日間体験できます。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ