eValue NS システム要件(関連製品(管理者向け))

笑顔の先に、価値がみえる
eValue NS2
概要
コンセプト
導入実績
旧eValueをご利用の方へ
システム要件
共通機能
概要
業務ナビ
モバイル対応
製品連携
ドキュメント管理
概要
特長・機能
製品スペック
ワークフロー
概要
特長・機能
製品スペック
スケジューラ
概要
特長・機能
コミュニケーション
概要
特徴・機能
製品スペック
ユーザー保守ツール
概要
特長・機能
製品スペック
機能強化履歴
2016年9月
2015年10月
2014年9月
体験版
  • コヴィディエン グループジャパン
  • カーシーカシマ株式会社
  • eValue NS体験版
eValue NS体験版

システム要件(関連製品(管理者向け)) - eValue NS 2nd Edition

eValue NS 2nd Editionの最新バージョンのシステム要件は、以下のとおりです。

※記載のない新しいプラットフォームは、現時点では、サポート対象外とさせていただきます。

関連製品(管理者向け)

注意事項もご確認ください。

ユーザー保守ツールは、ユーザー情報を簡単な手順でメンテナンスできる管理者向け製品です。eValue NS2のグループウェア運用環境に追加して使用するだけでなく、Active Directoryの保守用として単独で使用することもできます。

eValue NS2 ユーザー保守ツール

項目概要
OS 以下のいずれかのサーバーOSが稼働すること
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise(x86, x64) (SP2)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise(x64) (SP1)
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard / Datacenter(x64) (SPなし)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter(x64) (SPなし)
その他必要な
ソフトウェア
  • Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
  • eValue NS2保守機能を利用する場合は、eValue NS2のシステム要件を満たした環境があること
  • Active Directory保守機能を利用する場合は、Active Directoryがインストールされている、またはドメインに参加しているサーバーであること
  • Microsoft Exchange Server保守機能を利用する場合は、Exchange Server 2010 / 2013がインストールされているサーバーであること
ユーザー保守の
対象となるシステム
  • eValue NS2
  • Microsoft Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2 で構築されたActive Directory
  • Microsoft Exchange Server 2010 / 2013
  • 人事情報のCSVインポートが可能なシステム

本ページでは、「eValue NS 2nd Edition」を「eValue NS2」と表記しております。


詳しい情報をご覧になりたい方は、
資料請求をご利用ください。

管理者機能を実機で体験できます。

ブラウザ上で動作する利用者機能を
30日間体験できます。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ