ERP/基幹業務システム「SMILE BS」は企業規模に応じたシステム構成が可能

笑顔の先に、価値がみえる
SMILE BS2
概要
データ連携
導入実績
業種別活用例
サポートサービス
旧SMILEをご利用の方へ
システム要件
販売
概要
特長・機能
オプション製品
製品連携
製品スペック
帳票一覧
会計
概要
特長・機能
オプション製品
製品連携
製品スペック
帳票一覧
人事給与
概要
特長・機能
オプション製品
製品連携
製品スペック
帳票一覧
CRM QuickCreator
概要
特長・機能
オプション製品
無償サンプル
Custom AP Builder
概要
特長・機能
オプション製品
有償テンプレート
CTI
概要
特長・機能
テンプレート
製品スペック
強化履歴
2016年5月
2015年5月
2014年10月
  • 高進商事株式会社
  • 落合住宅機器株式会社
  • トキハソース株式会社

システム要件 - SMILE BS 2nd Edition

SMILE BS 2nd Editionの最新バージョンのシステム要件は、以下のとおりです。

※以下に記載のない新しいプラットフォームは、現時点では、サポート対象外とさせていただきます。

共通

  • OS、データベース等は、それぞれ日本語版のみに対応しています。
  • OS、データベース等には、原則として、最新のService Packを適用することをお勧めします。ただし、動作保証状況につきましては、弊社までお問い合わせください。
  • OSとデータベースのService Packバージョンにより、インストールができない組み合わせもあります。文字コードは、Unicodeに対応しています。
  • 本ページ記載のシステム要件は、SMILE BS 2nd Editionの最新版を新規導入する場合を想定したものです。また、新たにリリースされたプラットフォームについては、検証中で下記要件に含まれていない場合があります。SMILE BS 2nd EditionのOSやDB等の動作状況、および最新のOSやDB等の検証状況については、「サポート情報」をご覧ください。

スタンドアロン/クライアント

OS
  • Microsoft Windows 7 Professional / Ultimate / Enterprise (x86,x64)(SP1)
  • Microsoft Windows 8.1 Pro / Enterprise (x86, x64) (SPなし)
  • Microsoft Windows 10 Pro / Enterprise(x86,x64) (SPなし)
上記OSは日本語版が必要です。
ドメイン参加機能等がないHome Edition、Home Basic、Home Premium等は対応していません。
ドメイン参加機能等がないWindows 8.1、Windows RT 8.1は対応していません。
Windows 8.1は、デスクトップUIのみを対象とします。
Windows 10は、デスクトップモードで使用することを推奨します。
SMILE BS CTIは、主装置や接続形態により、対応OSに制限があります。
CPU Pentium4 2GHz相当以上(CTIはPentium D 相当以上)
メモリ
  • スタンドアロン 32ビット環境:4GB、64ビット環境:4GB以上
  • クライアント 32ビット環境:3GB以上、64ビット環境:4GB以上
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用) がそれぞれ1台以上必要
ハードディスク
容量
プログラム領域として1業務1GB以上(データ領域として別途必要になります)
FD装置 3.5 インチ(USB 接続可 / 2HD【1.44MB】)

※FDでの振込処理などに必要です。

ディスプレイ 1024×768ピクセルの表示可能なディスプレイ
販売の外貨管理オプションを使用する場合は、1280×768 ピクセルの表示可能なディスプレイが必要となります。
画面のDPI 設定は96、120、144DPIのいずれかとする必要があります。
バックアップ装置 外付ハードディスク(データバックアップ用)
データベース
  • Microsoft SQL Server 2008 Express(SP4)
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express(SP3)
  • Microsoft SQL Server 2012 Express(SP2、SP3)
DBバンドル版のデータベースは当システム以外での利用はできません。
すでにデータベースがインストールされている場合、設定により当システムでの利用ができない場合があります。
最大データベースサイズの制限(2008は4GB、その他は10GBまで)があります。当システムでは会社ごとの最大データベースサイズの制限が10GBまたは4GB以下になりますので、データ量が制限を超えないか、必ず余裕を持って容量をご確認ください。
インターネット
接続回線
ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
プリンタ 上記OSに対応したページプリンタとドライバー
販売管理および人事給与ソフトでは、帳票によってシリアルプリンタが別途必要です。
プリンタドライバーについては、各メーカーから提供される純正または、推奨ドライバーをご利用ください。
【ページプリンタについて】
  • ページプリンタ専用紙で売上伝票・請求書・源泉徴収票・算定基礎届・月額変更届などを出力する場合、印字不可能領域が上余白8.6mm以下、下余白5.5mm以下のプリンタが必要です。
  • 汎用紙(白紙 A4 カット紙)にイメージとともに印字する場合、カラーページプリンタが必要です。
【シリアルプリンタについて】
  • 201PL、ESC/P、いずれかのプリンタ制御コードに対応している必要があります。(エミュレーション可)
  • 印字桁数は136桁以上の必要があります。(1桁=1/10インチ)
  • 複写用紙の場合は、ドットインパクト方式のプリンタが必要です。
  • 離職証明書を出力する場合、水平インサータ付きプリンタが必要です。
  • 用紙吸入位置を、1/6インチ(約4.2mm)に設定可能なプリンタをおすすめします。
  • 下余白1/6インチ以下のプリンタが必要です。
その他
ソフトウェア
  • Microsoft .NET Framework 2.0または Microsoft .NET Framework 3.5
  • Microsoft Officeと連携して使用する場合は、Microsoft Office 2010 / 2013 / 2016 の使用を推奨

サーバー

OS
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard / Enterprise(x86,x64)(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise(x64)(SP1)
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard / Datacenter (x64)(SPなし)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard / Datacenter (x64) (SPなし)
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter (x64) (SPなし)
上記OSは日本語版が必要です。
CPU マルチコア インテルXeonプロセッサ相当以上
メモリ 32ビット環境:4GB以上、 64ビット環境:12GB以上
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用) がそれぞれ1台以上必要
ハードディスク
容量
プログラム領域として1業務1GB以上(データ領域として別途必要になります。)
ディスプレイ 1024×768ピクセルの表示可能なディスプレイ
バックアップ装置 LTO、DATなどの大容量バックアップ装置とその管理ソフト(データバックアップ用)
データベース
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard (SP4)
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard (SP3)
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard(SP2、SP3)
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard(SP1、 SP2)
  • Microsoft SQL Server 2016 Standard(x64)(SPなし)
  • Oracle Database 11g R2(PSR11.2.0.2),(PSR11.2.0.4) Standard Edition One / Standard Edition / Enterprise Edition
  • Oracle Database 12c(PSR12.1.0.1) Standard Edition One / Standard Edition / Enterprise Edition
  • Oracle Database 12c(PSR12.1.0.2)Standard Edition 2 / Enterprise Edition
DB バンドル版でない場合は、別途用意する必要があります。
DB バンドル版のデータベースは当システム以外での利用はできません。
すでにデータベースがインストールされている場合、設定により当システムでの利用ができない場合があります。
当システムを構成する各種テーブルは、複数のサーバーにまたがって配置することはできません。
Oracle Database 12c(PSR12.1.0.1)は、Windows Server 2012 R2 に対応しておりません。
64 ビット版OS に32 ビット版のMicrosoft SQL Server / Oracle Database を利用することはできません。
SMILE BS CTI / SMILE BS トラックスター / 生産革新Fu-jin SMILE BS / 生産革新 Raijin SMILE BS / 業種テンプレートでは、Oracle Databaseを利用することはできません。
Windows Server 2016のデータベースはSQL Serverのみを対象とします。OracleにつきましてはWindows Server 2016対応後に検証を実施する予定です。
インターネット
接続回線
ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他
ソフトウェア
Microsoft .NET Framework 2.0または Microsoft .NET Framework 3.5

CTIの機器構成(SMILE BS CTI利用時)

主装置
  • NECプラットフォームズ
    • オフィスコミュニケーションゲートウェイ 「UNIVERGE Aspire UX」「UNIVERGE Aspire X」
    • テレフォニーシステム「Aspireシリーズ」
      Aspireシリーズは、Windows 8 / 8.1では使用できません
      AspireシリーズでCTIアダプタ使用時は、Windows 7は使用できません(LAN接続時は使用可能)
  • NTT
    • NetCommunity SYSTEM αNXシリーズ「Type S」「Type M」「Type L」
CTIアダプタ 主装置がAspireシリーズの場合、RS232C / USB接続の2タイプから選択
通話録音
アダプタ
  • 主装置がUNIVERGE Aspire UX / Aspire Xの場合、通話録音アダプタ(ADA-L UNIT)サウンドデバイスが必要
  • 主装置がAspireシリーズの場合は、USB接続のCTIアダプタ使用時に通話録音機能が利用できます。
  • 主装置がNTT NetCommunity SYSTEM 「αNXシリーズ」の場合、通話録音機能を使用することはできません
ハードウェア環境に応じて必要となるものが異なる場合がございますので、別途、担当セールス、または販売店までご相談ください
ケーブル
  • CTIアダプタとしてRS232Cタイプを利用する場合、9ピンメス⇔9ピンメスのストレートケーブルが必要
パソコンから通話再生を行う場合は1本、電話機から通話再生を行う場合は2本必要です
  • 通話録音アダプタ(ADA-L UNIT)を利用する場合、ミニプラグ⇔ミニプラグ接続コードが必要
ミニプラグ⇔ミニプラグ接続コードは、抵抗なしの接続コードが必要です
(抵抗入り接続コードや、モノラルミニプラグ接続コードを使用すると、正常に録音できなくなります)
利用回線 発信者番号通知(ナンバーディスプレイ)が可能な回線のみ対応可能です(ナンバーディスプレイは別途回線ごとの契約(有料)が必要です)

※その他の注意制限事項につきましては、システム確認書をご参照ください。


本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ