生産革新 Raijin SMILE BS | 信頼性向上

笑顔の先に、価値がみえる
業種別製品
生産革新 Fu-jin
概要
特長・機能
生産革新 Raijin
概要
特長・機能
生産革新 Ryu-jin
概要
特長・機能
生産革新 Blendjin
概要
特長・機能
生産革新 Bom-jin
概要
特長・機能
コストマネージャー
概要
特長・機能
POWER見積
概要
特長・機能
トラックスター
概要
特長・機能
ApaRevo
概要
特長・機能
PowerSteel
概要
特長・機能
Medical Agent
概要
特長・機能
FOODMASTER
概要
特長・機能
Quick出版BS
概要
特長・機能
B.M.Manager
概要
特長・機能
MEDIAⅡ
概要
特長・機能

特長・機能 - 生産革新 Raijin SMILE BS 2nd Edition

「生産革新 Raijin SMILE BS2」は、生産管理における以下のような支援機能を提供いたします。

受注処理(ハイブリッド生産対応)

標準品の繰返受注および見込生産、特注品の個別受注生産の両方に対応しています。受注処理画面は1つでも、繰返または個別受注のどちらにも登録できます。

個別受注品の場合、その場で構成部品の登録や発注情報・工程情報の登録が可能です。過去の構成情報から修飾利用ができるとともに、品目マスターに登録がないものでも登録可能です。

受注処理

受注処理

納期遅延防止支援

納期遅延の防止には、作業進捗や在庫状況を把握する事がポイントです。「生産革新 Raijin SMILE BS2」では、受注製品に対して、製番別に進捗状況や負荷状況をガントチャート形式で照会することが可能となります。

製番別進捗照会

製番別進捗照会

信頼性向上支援 (品質管理オプション)

昨今、「製品」に対する品質管理は厳しく問われており 取引先や消費者は、トレーサビリティ(製品情報を追跡 できること)を求めています。

万が一、不良品が発生した時でも、「生産革新 Raijin SMILE BS2」のロットトレース 機能によりトレーサビリティを行い、取引先からの問い合わせに対して、迅速な対応が可能です。正展開(親→子→孫...) か、逆展開(...孫→子→親)かを、選択することができます。

ロットトレース照会

ロットトレース照会

伝票の区分(出荷、受入、製造入庫、支給出庫)を指定の上、処理連番を入力し、トレースを行う品目を指定します。 それぞれの明細行から伝票詳細にドリルダウンすることも可能です。

※『品質管理オプション』が別途必要になります。

収益確保支援(原価管理オプション)

収益を確保するには、限りなく無駄をなくすことがポイントと なります。在庫の削減や、待機時間の削減、材料の重複発注 の削減等、あらゆる角度から無駄を排除していかなければなり ません。

「生産革新 Raijin SMILE BS2」の原価管理オプションを利用して、予実績管理を行うこと により、早い段階で手をうつことが可能になります。

  1. プロジェクトや製番単位に予算を設定した各種実績の原価集計からの対比
  2. ドリルダウンによる詳細分析やグラフ化による原価の進捗度のスピーディな把握

※『原価管理オプション』が別途必要になります。

原価管理オプション

原価管理オプション

設計からの一気通貫支援(BOM連携オプション)

製品原価の80%は設計段階で決定されます。したがって、上流側からの「真」の一気通貫による抜本的なコスト削減対策が 必要です。RaijinのBOM連携オプションは、別売ソフトの「生産革新 Bom-jin」で作成される品目台帳や 構成表を、Raijinの品目マスターや部品構成マスターにダイレクトで取込むことができます。

設計部門と生産管理部門での部品構成表の連携が図れることによって、製品・部品の共通化や共有化を実現させることが可能に なります。

※『生産革新 Bom-jin』と『BOM連携オプション』が別途必要になります。

マスター連携

マスター連携

2016年8月 機能強化項目

  • 外貨管理オプションの機能強化
    • 外貨取引先に対して、⼊⾦/⽀払処理での複数伝票消込を可能とします。また、INVOICE No.による消込対象の抽出が⾏えます。
    • 外貨取引先に対して、⼊⾦処理の前受⾦、⽀払処理の前払⾦/後払⾦に対応します。
    • 売掛残高一覧表/買掛残⾼⼀覧表で、外貨での出⼒を⾏えます。
    • 出荷実績処理で、INVOICE No.の自動発番(連番、年⽉連番、⼿⼊⼒)を可能とします。
    • SMILE BS2 会計との連携時に、外貨情報および、取引先・通貨・レートの⼀元管理が可能となります。
  • 原価管理機能の強化
    • 梱包材や配送費等を原価に計上する運⽤を想定し、各⼊⼒処理から⼿配番号単位に原価の追加投⼊が⾏えます。
    • 原価計算の連続実⾏機能を追加します。品目別原価計算処理、実際原価洗替処理を⾏わずに、間接費配賦処理を⾏うことが可能となり、処理が簡略化されます。
    • 品目別原価計算処理で、購買品/⼿順品を分けずに計算が⾏えます。

本ページでは、「SMILE BS 2nd Edition」を「SMILE BS2」と表記しております。


本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。


Copyright © 2016 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.
ソフトウェア開発/ 受託開発/ コンサルティングのOSK 〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
TEL:03-5610-1351(代表)
株式会社OSKのホームページ
資料請求 お問い合わせ TOPへ