申告業務を円滑化!税の手続き電子化のすすめ

※本ページ記載の内容は、2021年7月時点での情報です。

税に関する手続きの電子化

税に関する手続きの電子化は、各種申告データを円滑に提出させる環境整備を目的として推進されています。

ここでは、「法人税等の電子申告」「法定調書提出の電子化」「年末調整手続きの電子化」について見てみましょう。

手続き電子化のメリット

いつでもどこでも申告

いつでもどこでも申告イメージ

税務署や各自治体、金融機関に赴く必要や、窓口での待ち時間がなくなります。

コストを削減

コストを削減イメージ

書類の印刷や郵送の手間や、書類の保管コストを削減できます。

事務作業を軽減

事務作業を軽減イメージ

各自治体への仕分け作業等が不要になります。また、業務ソフトとの連携で入力作業を軽減できます。

電子申告の種類

各種届出の電子申告が行えるサービスには、e-TaxeLTAXの2つがあり、申告できる税金がそれぞれ異なります。

e-Tax(イータックス:国税電子申告・納税システム)
法人税や消費税、源泉所得税など、国税に関わる電子申告・納付が行えます。
eLTAX(エルタックス:地方税ポータルシステム)
地方法人税や事業税、特別徴収の住民税など、地方税に関わる電子申告・納付が行えます。



税の手続き電子化ガイドブックの無料ダウンロードはこちら
TOPへ