eValue V 時代のニーズに応える 統合型グループウェア

eValue V 概要紹介

「ドキュメント管理」「ワークフロー」「スケジューラ」「コミュニケーション」。

企業内の情報整理、伝達、共有に必要な機能を網羅したグループウェア、情報系ソリューションの最新版が「eValue V」です。

情報系システムを開発して四半世紀、多くの皆様に愛された機能、充実のサポート体制はそのままに、「eValue V」はインターフェイスを一新して更なる使いやすさを追求しました。

eValue V 製品構成

eValue V 製品構成図

eValueシリーズ 導入実績

eValueシリーズは多くのお客様にご利用いただいております

製造 建設 運輸・物流 卸売 ファッション・アパレル 食品 小売・飲食 出版・印刷・広告 介護・医療・福祉 不動産 学校 旅行 その他・サービス

情報系システムの「eValue」は1992年に発売した「Joinus-PC」から今日まで、グループウェアの効率化を追求してきました。

「eValue V」は順次、機能追加を行いながら、お客様が使いやすいシステムの提供を目指していきます。

ワークフロー導入シェア 7年連続No.1 ※1

ワークフロー導入シェア 7年連続No.1
※1
株式会社富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場2018年版』(2018年7月発刊)ワークフロー市場占有率・数量(2017年実績)

eValue 導入事例

有限会社ブル精密

有限会社ブル精密

業種:ガラス加工業

従業員数:30名

導入システム:eValue NS2

国立大学法人 神戸大学

国立大学法人 神戸大学

業種:教育

従業員数:3,680名

導入システム:eValue NS2

eValue V サポートサービス

eValue Vは、万全のサポート体制で、あなたの成功を支援します

サポートセンターご対応の流れ

対応の流れ

専門スキルを持ったエンジニアが対応

専属エンジニア

お客様からのお問い合わせには、「eValue V」の専門スキルを持ったサポートセンター専属エンジニアがお受けします。

回答時間を短縮するナレッジシステム

ナレッジシステム

メーカーから提供される技術情報やお客様からのお問い合わせ実例をもとに独自のデータベースを構築。さらに蓄積されたナレッジを、お客様向けサポートサイトでFAQとして公開。お客様の問題解決をご支援します。

お客様の画面を見ながら遠隔サポート

遠隔サポート

リモートサポートツールを活用し、お客様の現在の画面をセンターで確認します。画面の細かい説明することがないため、スピーディな解決が実現できます。

接続にご同意いただいたお客様のみ実施いたします。

ソフトウェア更新サービス

ソフトウェア更新サービス

保守サービスご契約期間中は、インターネットからいつでも最新版をダウンロードしていただけます。

ダウンロード環境のないお客様(インターネットに未接続)には、別途「媒体送付サービス」による更新データのご提供も行っております。

eValue V 推奨環境

「eValue V」をご導入いただく際の主なシステム要件を記載しています。
OSやデータベース、Webブラウザ等は日本語版が必要です。また、原則として最新のService Packを適用してください。

クライアント
OS ※2
  • Microsoft Windows 10 Pro / Enterprise(x64)
  • mac OS High Sierra(Webクライアントのみ)
CPU インテル Core i プロセッサ(Core-i5以上)または同等性能を持つプロセッサ
メモリ 4GB以上
ディスプレイ 1366×768ピクセルを表示可能なディスプレイ ※6
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用)がそれぞれ1台以上
インターネット回線 ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア
  • Microsoft .NET Framework 4.6、4.6.1
  • Microsoft Officeと連携して使用する場合は、デスクトップアプリ版が必要(Microsoft Office 2016 の使用を推奨)
Webブラウザ 【Windows OS】
  • Microsoft Edge
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Google Chrome
【Mac OS】
  • Safari
サーバー
OS ※2 Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter(x64)
CPU マルチコア インテルXeonプロセッサ相当以上
メモリ 14GB以上
ハードディスク容量 プログラム領域として1業務1GB以上(データ領域として別途必要)
バックアップ装置 LTO、DATなどの大容量バックアップ装置とその管理ソフト(データバックアップ用)
データベース ※3,4
  • Microsoft SQL Server 2016 Standard / Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2017 Standard / Enterprise
ディスプレイ 1366×768ピクセルを表示可能なディスプレイ ※6
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ(システムのインストール時に使用)がそれぞれ1台以上
インターネット回線 ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.6、4.6.1
Webサーバー Microsoft Internet Information Service

モバイルクライアント ※7

対応機種、Webブラウザ
  • iPad + Safari
  • Android + Chrome
※1
SMILE V 情報系モジュール / eValue V ではスタンドアロン版では利用できません。
※2
Windows10のHome Editionは対応していません。
ネットワーク版ご利用時のクライアントOSとしてWindows 7(x86,x64)、Windows 8.1(x86,x64)、Windows 10(x86)は動作検証済です。
ただし、顔認証機能は(x64)限定の機能となります。また、Windows Server 2012 R2(x64)は動作検証済です。
※3
すでにデータベースがインストールされている場合、設定により当システムでの利用ができない場合があります。
※4
当システムを構成する各種テーブルは、複数のサーバーにまたがって配置することはできません。
※5
最大データベースサイズの制限(10GBまで)があります。データ量が制限を超えないか、必ず余裕をもって容量をご確認ください。
※6
ディスプレイのカスタマイズで項目のサイズを125%より大きくすると、画面表示が崩れる場合があります。端末により初期値が125%より大きく設定されている場合があります。
※7
ネットワーク版が対象です。別途、リモートアクセス環境の構築が必要です。

詳しい推奨環境についてはこちらをご参照ください

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

Copyright © 2018 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.

資料請求 お問い合わせ TOPへ