改正個人情報保護法対策がスタートしました。

個人情報の取り扱いはOSKのソリューションが対応します!

「うちは中小企業だから関係ない」そんなお考えはありませんか?

2017年5月30日より改正された個人情報保護法は、1件でも従業員を含む個人情報をもっていれば、個人情報取扱業者になります。

こんな個人情報の取り扱いをしていませんか?

個人情報管理ツール Excel Access 営業が個人で管理・持ち出し DM発送など個人情報を外部委託

個人情報漏えいのリスクが高い!

個人情報を取り扱う上で注意すべきポイント

必要な対策その1  安全管理措置/漏えい対策
  • 個人データへアクセス出来る人を限定しなければなりません。
  • いつ、誰が、個人データへアクセスしたのか確認出来るよう、記録(履歴)の取得が必要です。
必要な対策その2  従業員への教育・周知徹底
  • 随時、研修を行うなど、情報セキュリティに関する知識習得や、社内ルールの徹底が必要です。
  • 秘密保持に関する従業員との契約締結は、リスク対策として重要になります。
その他の漏えい対策が必要となる点
  • 新たに指紋認証データ、パスポート番号、免許証番号などが個人情報に含まれることとなりました。取扱いがあるお客様は注意が必要となります。
  • 個人データの第三者への提供が発生する場合、提供側、受領側双方において、「いつ」「誰が」「どの情報を取り扱った」等の記録を作成し、一定期間保管しなければなりません。

「SMILE V」で出来る対策

  • 利用者個人やグループ単位で、職務に則った操作権限が設定できます
  • 「いつ」「誰が」「どのパソコンで」「何をした」という情報を操作ログとして保存します
  • 印刷やテキスト出力については「どのデータを印刷した」という情報も記録します

操作ログ管理、セキュリティ設定

操作実行ログビューア、実行セキュリティ設定、部門セキュリティ設定
Zoom
  • NEC社製の顔認証PCセキュリティソフトウェア『NeoFace Monitor』を利用し、安全に『SMILE V』 にログオンすることができます
  • パスワードと組み合わせることで、より強固なセキュリティを実現します

顔認証ログイン

顔認証ログイン
Zoom

SMILE V についてはこちら

「eValue V」で出来る対策

  • ドキュメント管理では、文書を登録するだけで参照用のセキュリティ保護付きPDFを自動作成することができます
  • フォルダごとに、パスワード保護や印刷・コピー・持ち出し禁止などの制限がかけられるため、機密度に応じたセキュアな文書管理を実現します

持ち出し禁止設定

持ち出し禁止設定
Zoom

eValue V についてはこちら

eラーニング(EasyLearning Express)で出来る対策

  • 一般的な情報セキュリティ対策の学習はもちろん、会社独自の内容を盛り込んだ教材を利用できます

eラーニングコンテンツ「身近な事例で学ぶ情報セキュリティ」

身近な事例で学ぶ情報セキュリティ2017
Zoom

eラーニング(EasyLearning Express)についてはこちら

TOPへ