閉じる

DX統合パッケージ SMILE V 2nd Edition 人事給与

法改正にもすばやく対応し、働き方の見直しを支援

考課履歴や教育研修情報など、入社から退社までの社員情報を正確に把握できます。
今後の法改正にも随時対応し、給与明細書の作成はもちろん、
社会保険や年末調整などの季節ごとの業務も支援します。


「SMILE V2 人事給与」の特長Feature


人事情報および組織の履歴情報を管理

従業員の異動・昇格・資格情報や、労働契約などさまざまな人事考課情報を管理できます。

該当条件に合った候補のピックアップなど、従業員の配置検討への活用などにも利用することができます。


充実した管理資料を出力

社会保険料集計表、休暇日数消化状況確認表など、業務で必要な管理資料の作成が可能です。また、給与・賞与データをさまざまな角度から集計できる期間集計表・推移表もご用意しています。


給与規定に沿った項目設定・計算式設定

勤怠項目は40項目、支給項目と控除項目は80項目、通勤手当項目は10項目まで設定できます。

計算式の設定で端数処理のタイミングを任意で設定できるので、「残業手当で1時間当たりの単価を計算したタイミングで端数処理を行う」などの運用に合わせた設定が可能です。


マイナンバー制度に対応

マイナンバーなどを情報システムで取り扱う場合、事務取扱担当者の情報システム利用状況(ログイン実績・アクセスログなど)の記録を行う必要があります。

個人情報の帳票出力をはじめ、データの暗号化や強固のセキュリティ機能など、万全のマイナンバー制度対応機能をご提供します。


特定時期に集中する業務を効率化

年調保険データの取込や控除額の自動計算など、年調業務を豊富な機能で支援します。また、昇給や新たな手当の支給などは、事前に情報を入力しておき、予定月に一括更新することが可能です。


勤怠管理と連動可能

タイムレコーダーと連携することで、打刻データを月次の勤怠情報として取り込むことができます。勤怠情報を簡単に取り込むことができるので、給与計算業務を効率化します。

SMILE V2 人事給与 勤怠管理テンプレートが必要です。


「働き方改革関連法」などさまざまな法改正に対応

残業時間の多い社員や、有給休暇取得日数の少ない社員を把握するだけでなく、いつまでに何日間の有給休暇を取得させる必要があるのかを確認することができます。

また、「産休育休月変」「高年齢雇用継続給付」「特別徴収異動届出書のeLTAXでの提出」など、時代の流れに即した強化を継続して実施しています。


電子サインに対応した帳票が出力可能

労働条件通知書兼雇用契約書の出力時に、電子サインを行う用に押印欄を印字しない設定が可能です。

人事給与から出力した電子サイン用のPDFは、ドキュメント管理の所定のフォルダに登録し、文書属性の設定を行うことで、電子サインシステムと連携し電子サインを行えます。

  • ドキュメント管理連携ライブラリ with Adobe Sign、ドキュメント管理連携ライブラリ with クラウドサイン、ドキュメント管理連携ライブラリ with pperlogicSiGNERのいずれかが必要です。

アカウント管理の工数を削減

アカウントメンテナンスツールと連携することで、人事情報を出力してActive Directoryに一括反映できます。

人事データを利用した様々なシステムのアカウント保守業務が容易に行えます。

アカウントメンテナンスツールが必要です。


最大で80以上の帳票が出力可能

労働者名簿・賃金台帳・期間集計表など多彩な帳票を出力することができます。

下記の他、最大で80以上の帳票が出力可能です。(製品モデルにより出力できる帳票の数は異なります)

※の帳票を出力するにはオプションが必要です。

主な出力帳票

機能を拡張するオプション製品Option

オプション 機能 モデル
有給付与オプション 各社員ごとに有給を自動付与 スタンダード、プレミアム
源泉票データ作成オプション 源泉徴収票を電子データで提出 スタンダード、プレミアム
遡及計算オプション 昇降給差額のさかのぼり支給に対応 プレミアム
社保エース連携オプション 社会保険帳票などを自由なレイアウトで出力 プレミアム
人事情報複数社管理オプション グループ会社全体の人事情報を一元管理 プレミアム

  • 製品には3つのモデル(ベーシック・スタンダード・プレミアム)があり、スタンダートは一部の、プレミアムは全てのオプションを標準で提供しています。
  • ベーシックモデル(人事)ではすべてのオプション製品を使用できません。ベーシックモデル(給与)では人事情報複数社管理オプションは使用できません。

サポートSupport

SMILE V2は、万全のサポート体制で業務を支援します

スマイルサポートセンターご対応の流れ

対応の流れ

エンジニアが対応

お客様からのお問い合わせには、SMILE各業務に精通した専門のスキルを持ったサポートセンター専属エンジニアがお受けします。

ソフトウェア更新サービス

法改正や機能改良など、保守サービスご契約期間中は、インターネットからいつでも最新版をダウンロードしていただけます。

  • ダウンロード環境のないお客様 (インターネットに未接続) には、別途「媒体送付サービス」による更新データのご提供も行っております。

画面を見ながら遠隔サポート

リモートサポートツールを活用し、お客様の現在の画面をセンターで確認します。画面の細かい説明することがないため、スピーディな解決が実現できます。

推奨環境Requirement

『SMILE V2』をご導入いただく際の主なシステム要件を記載しています。
OSやデータベース、Webブラウザ等は日本語版が必要です。また、原則として最新のService Packを適用してください。

クライアント

OS ※1
  • Microsoft Windows 10 Pro / Enterprise (x64)
  • Microsoft Windows 11 Pro / Enterprise (x64)
CPU インテル Core i プロセッサ (Core-i5以上) または同等性能を持つプロセッサ
メモリ 4GB以上
ハードディスク容量 プログラム領域として1業務1GB以上 (データ領域として別途必要)
ディスプレイ 1366×768ピクセルを表示可能なディスプレイ
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ (システムのインストール時に使用) がそれぞれ1台以上
インターネット回線 ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア
  • Microsoft .NET Framework 4.6 / 4.7 / 4.8
  • Microsoft Officeと連携して使用する場合は、デスクトップアプリ版が必要
    (Microsoft Office 2016 / 2019 / 2021 の使用を推奨)

サーバー

OS ※1
  • Microsoft Windows Server 2016 Standard / Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Server 2019 Standard / Datacenter (x64)
  • Microsoft Windows Server 2022 Standard / Datacenter (x64)
CPU マルチコア インテルXeonプロセッサ相当以上
メモリ 14GB以上
ハードディスク容量 プログラム領域として1業務1GB以上 (データ領域として別途必要)
バックアップ装置 LTO、DATなどの大容量バックアップ装置とその管理ソフト (データバックアップ用)
データベース ※2,3
  • Microsoft SQL Server 2016 Standard / Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2017 Standard / Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2019 Standard / Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2022 Standard / Enterprise
ディスプレイ ※6 1366×768ピクセルを表示可能なディスプレイ
ディスクドライブ HDドライブ、DVD-ROMドライブ (システムのインストール時に使用) がそれぞれ1台以上
インターネット回線 ブロードバンド回線 SSL128bit 暗号化
その他ソフトウェア Microsoft .NET Framework 4.6 / 4.7 / 4.8
Webサーバー Microsoft Internet Information Service

グループウェア・CABブラウザ実行オプション・販売 自由帳票実行オプション・CRM QC ブラウザ実行オプション

Webブラウザ 【Windows OS】
  • Microsoft Edge (Chromium)
  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox (法人向けESR版)
モバイル対応機種・
Webブラウザ ※5
  • iPhone / iPad + Safari
  • Android + Chrome
  1. Windows10、Windows11のHome Edition、ARM版のWindows 10、Windows11には対応していません。
  2. すでにデータベースがインストールされている場合、設定により当システムでの利用ができない場合があります。
  3. 当システムを構成する各種テーブルは、複数のサーバーにまたがって配置することはできません。
  4. 最大データベースサイズの制限 (10GBまで) があります。データ量が制限を超えないか、必ず余裕をもって容量をご確認ください。
  5. 別途、リモートアクセス環境の構築が必要です。

詳しい推奨環境・スタンドアロン版の推奨環境についてはこちらをご参照ください

「SMILE V2」の
製品ラインアップLineup

関連動画Movie

SMILE V2 人事給与 計算式設定

導入事例/導入企業Cases

製品お役立ち情報Contents

ご購入前の
製品/サービス
お問い合わせContact

企業のDX化や業務効率化に関するお悩みは「株式会社 OSK」へお気軽にご相談ください。

×

Cookieの利用について

このウェブサイトはクッキーを使用しています。このサイトを使用することにより、サイトの利用条件に同意したことになります。