会計

概要紹介

財務会計から管理会計まで幅広く対応。多彩な入力支援機能で、スピーディで正確な伝票処理、柔軟なデータの分析と有効活用を実現し、企業の会計業務をサポートします。

パターンとナビゲーションで仕訳入力支援
元帳からさかのぼって仕訳伝票を修正
消費税申告書や決算報告書を手軽に作成
部門単位で予算や損益の管理

公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会「電子帳簿ソフト法的要件認証」ロゴ

『SMILE V 会計』は、国税関係帳簿を作成・保存するソフトウェアとして、法的要件を満たしていると、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)より認証を受けています。(認証番号:101700-00)

公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会「電子帳簿ソフト法的要件認証」ロゴ

『SMILE V 会計』は、国税関係帳簿を作成・保存するソフトウェアとして、法的要件を満たしていると、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)より認証を受けています。(認証番号:101700-00)

業務全体図

会計業務全体図

機能を拡張するオプション製品

  • 配賦額のシミュレーションを実施
    (部門配賦シミュレーションオプション)SP
  • 資産の管理から申告書類の作成まで(資産管理業務オプション)SP
  • 財務ハイライトなどをExcelに出力
    (管理会計レポートオプション)SP
  • 独自の分析指標を追加(拡張分析オプション)P
  • 仕入先ごとの債務額に対する支払を管理
    (支払管理オプション)P
  • 売掛金や未収入金等の債権取引、残高を管理
    (回収管理オプション)P
  • 蓄積されたデータをもとに自由に帳票を作成
    (オリジナル集計表オプション)P
  • プロジェクトごとに原価を把握
    (プロジェクト原価管理業務オプション)P
  • 外貨で仕訳入力し、決算時は為替差損益も計算
    (外貨管理オプション)P
  • 仕訳伝票と証憑を関連付けて管理(証憑電子保存オプション)P

製品には3つのモデル(ベーシック・スタンダード・プレミアム)があり、スタンダート:Sは一部の、プレミアム:Pは全てのオプションを標準で提供しています。

オプション製品についてはこちら

機能

※ モデルによりオプションの導入が必要な機能もございます。

仕訳入力を豊富な補助機能で支援します

頻繁に使う仕訳をパターン登録しておけば、仕訳入力時の手間を省くことができます。あまり使用しない特殊な仕訳はナビゲーション画面から簡単に探せます。

また、科目や科目内訳の入力時、過去の入力履歴から「最近使った科目」や「入力中の伝票と同じ取引で入力した科目」「同一行の相手に入力した科目」などから候補となる科目を自動で表示します。

元帳から仕訳伝票を修正することができます

合計残高試算表や元帳の出力画面から明細を指定すると、自動的に仕訳伝票の画面に切り替わります。 内容を確認しながら伝票を簡単に修正することができる便利な機能です。

さまざまな財務諸表や申告書帳票を作成できます

日々の仕訳伝票からキャッシュフロー計算書を作成。勘定科目別の実績値、またはマスターの設定により計算されたキャッシュフロー金額に対して、月単位で調整入力が行えます。決算業務は、月次や四半期単位でも行えます。

まざまな帳票や決算報告書まで作成

部門単位で予算や損益の管理ができます

部門ごとの損益管理や予実績対比など、多彩な管理・分析資料を作成し、経営管理をサポートします。

部門単位で予算や損益の管理

販売と連携して入力工数が低減します

『SMILE V 販売』と『SMILE V 会計』で、売上・仕入や入金・支払の情報を連携させ、二重入力の手間やミスを削減できます。在庫データをもとに、棚卸の仕訳を一括で作成することもできます。

視覚的な会計レポートを出力します

『SMILE V 会計』に蓄積された実績データを参照し、管理会計の観点から経営状況を分析。決算書を読むのが苦手な方にも安心してご利用いただける、やさしい財務レポートをExcelで作成いたします。

管理会計レポートオプションはこちら

やさしい財務レポート

効率的に帳簿や証憑を保管することができます

仕訳帳と総勘定元帳といった帳簿を、訂正・削除履歴の管理や検索など、電子帳簿保存法の要件を満たして管理することができます。

また『SMILE V ドキュメント管理』と連携することで、仕訳伝票と証憑データを関連付けて、電子帳簿保存法のスキャナ保存制度に則した証憑管理も行えます。

ドキュメント管理はこちら

領収書を撮影して経費入力の手間を軽減できます

経費の明細入力時に領収書等の証憑をスマートフォンのカメラで撮影すると、証憑はAI-OCRで解析され、「日付」「金額」「取引先」が自動で入力されるので、入力時の手間を軽減できます。

AI-OCRの画像解析はファーストアカウンティング社の領収書Robotaサービスを利用し、別途利用料が発生します。

公益法人特有の会計処理にも対応します

企業向け会計システムでは対応が難しい、公益法人様特有の会計処理をサポートします。

「新 (平成16年) 会計基準」と「新々 (平成20年) 会計基準」 、二つの会計基準に対応し、さまざまな財務諸表を作成することができます。

※SMILE V 会計 公益法人向けテンプレートが必要です。

連携製品

SMILE V 会計と連携してさらに便利になる連携製品をご紹介します。

詳しくは下記ページをご参照ください。

SMILE V 連携・協業ソリューションのご紹介

IFRS(国際財務報告基準)に関する取組方針

SMILE V 会計では、IFRSへのコンバージェンスによる日本会計基準の改正に対応しております。

詳しくは下記ページをご参照ください。

IFRS(国際財務報告基準)に関する取組方針

帳票

決算報告書や各種分析帳票を出力。さまざまな角度から会計データを分析します。

下記の他、最大で200以上の帳票が出力可能です。(製品モデルにより出力できる帳票の数は異なります)

※の帳票を出力するにはオプションが必要です。

主な出力帳票

仕訳伝票 元帳 合計残高試算表(二列固定式)
予実績推移表 部門別元帳 消費税説明表
消費税申告書 決算報告書 キャッシュフロー計算書
経営分析表 データ分析 分析元帳
資産台帳 別表十六(一)(二)(四)(六)(七)(八) 決定通知兼支払い明細書
支払予定表 債務残高一覧表 配賦部門別予実績対比表
プロジェクト原価元帳 プロジェクト別原価明細一覧表

帳票見本(抜粋)がダウンロードできます。

帳票見本ダウンロード

帳票見本

関連動画

管理会計レポートOP編

プロジェクト原価管理編

その他の動画はこちら

製品ラインアップ

  • SMILE V 販売
  • SMILE V 会計
  • SMILE V 人事給与
  • SMILE V CRM
  • SMILE V CTI
  • SMILE V 業種別製品
  • ワークフロー
  • ドキュメント管理
  • スケジューラ
  • コミュニケーション

SMILE V 会計のカタログはこちらからダウンロードできます。

SMILE V 会計 カタログ

複数のカタログを一度にダウンロードする場合はこちらをご利用ください。

複数カタログ一括ダウンロード

SMILE V 総合・会計
TOPへ