消費税10%・軽減税率への対応は「SMILE V 」におまかせください
『15分で消費税改正・軽減税率のポイントがわかる本』をダウンロードいただけます。

2019年10月、消費税改正と軽減税率導入が予定されております。

基幹業務システム『SMILE』はリリースから40年間、法改正に対応し続けた実績がございます。

改正スケジュール

導入スケジュール

※以下の要件に該当する取引は、2019年10月以降も税率8%が適用されます。

  • 2019年3月31日までに締結した工事やソフトウェア開発のような請負形態の取引、リース資産など
  • 2019年9月30日までに領収した旅客運賃や、電気料金、予約販売に関する書籍・特定新聞・通信販売など

軽減税率制度とは

2019 年10月1日、消費税が10%に引き上げられますが、今回の消費税改正は、今までの改正と異なり、軽減税率制度が導入されます。

軽減税率制度とは、「飲食料品(外食は除く)」と「新聞(週2回以上発行され定期購読する場合)」は、現在の消費税8%がそのまま適用される制度のことです。

標準税率と軽減税率

必要な業務とSMILE Vでの対応

複数税率 販売会計

新税率の10%、軽減税率の8%、経過措置の8%を区分する必要があります。

区分記載請求書等保存方式(簡易方式) 販売会計

請求書などでは、軽減税率の対象となる品目はそれが分かる明記をし、また、税率ごとの合計金額を記載する必要があります。

※画面は開発中のものです

適格請求書等保存方式(インボイス) 販売会計

2023年10月1日以降は、「適格請求書発行事業者の氏名又は名称及び登録番号」や「税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜又は税込)及び適用税率」が必要になります。

SMILE V の特長

法改正に対応するだけでなく、SMILE V はお客様をお助けする機能を搭載しています。

製品の連携

「販売」「会計」双方で、売上・仕入、入金・支払等の情報を連携します。それにより伝票処理を1回で済ませることができ、消費税の打ち間違いなどのミスを削減できます。

販売 → 会計 一括連携
販売 ← 会計 即時連携

RPA機能

SMILE V は業務の効率化を推進するRPA機能を搭載します。「予定時刻になったら自動で帳票を印刷する」など、いつもの仕事をSMILE V がお手伝いします。

SMILE V サポートサービス

安心にご利用いただくための保守サービスを用意しています。

OSKの保守サービスにご加入いただいたお客様は、今回の元号改正、消費税改正はもちろん、今後の法改正にも対応したプログラムを提供いたします。

また、お客様からのお問い合わせには、SMILE各業務に精通した専門のスキルを持ったサポートセンター専属エンジニアがお受けします。

法改正や機能強化等によるリビジョンアッププログラムを無償で提供致します。

インターネットから、いつでも最新のSMILE V に更新いただけます。

※SMILE BS2・SMILEes2も2019年の消費税改正に対応いたします。

『15分で消費税改正・軽減税率のポイントがわかる本』をダウンロードいただけます。
TOPへ