閉じる

「IT導入補助金」の活用でインボイス関連業務を効率化しよう!

助成金・補助金情報

最終更新日:2024/2/ 7

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、中小企業・小規模事業者等がソフトウェアなどのITツールを導入する際に、費用の一部を国が補助する制度です。

2024年のIT導入補助金には、通常枠、インボイス枠(インボイス対応類型・電子取引類型)、複数社連携IT導入枠、セキュリティ対策推進枠があります。

ここでは、通常枠」「インボイス枠(インボイス対応類型)について概要をご案内します。

補助対象事業者

以下の規模の中小企業等が対象となります。中小企業だけでなく、個人事業主や社会福祉法人、医療法人、学校法人なども申請できます。

業種 資本金 常勤従業員数
製造業、建設業、運輸業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業(ソフトウェア業、情報処理サービス業、旅館業を除く) 5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
ゴム製品製造業
(自動車又は航空機用タイヤ及びチューブ製造業並びに工業用ベルト製造業を除く)
3億円以下 900人以下
ソフトウエア業又は情報処理サービス業 3億円以下 300人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下
医療法人、社会福祉法人、学校法人 - 300人以下
商工会・都道府県商工会連合会及び商工会議所 - 100人以下

通常枠

業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化のため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールの導入を支援します。

導入するITツールは、IT導入支援事業者によりあらかじめ登録されたITツールの中から選択します。また、各類型において、下図の業務プロセス①~⑥を必ず1種類以上含む必要があります。

  • ⑦のみ保有するITツールは単独では交付申請不可です。①~⑥と組み合わせることで申請可能となります。

補助対象事業の類型および補助率等

業務プロセス数 1以上 4以上
補助率 1/2以内
補助上限額・下限額 5万円~150万円未満 150万円~450万円以下
補助対象経費 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分)・導入関連費等

販売業務に活用する場合

  • クラウドモデルもご用意しています。詳細につきましては販売店までお問合せください。
  • 記載金額はイメージです。ご購入いただく製品モデルやライセンス数によって金額が変わります。

補助対象になりうるOSK製品

インボイス枠(インボイス対応類型)

インボイス制度に対応した会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフトを導入し労働生産性の向上をサポートします。

導入するITツールは、IT導入支援事業者によりあらかじめ登録されたITツールの中から選択します。ITツールは、下図の大分類Ⅰソフトウェアに区分されるもので、「会計」「受発注」「決済」の機能を必ず1種類以上含んでいる必要があります。

ハードウェアを補助対象費として申請する場合は、補助対象経費となるソフトウェアの導入とあわせて購入する場合に限ります。

  • 大分類Ⅰは必須です。大分類Ⅱ~Ⅳのみでの申請はできません。

補助対象事業の類型および補助率等

インボイス制度に対応したITツール PC等 レジ等
補助率 3/4以内(小規模事業者は4/5) 2/3以内 1/2以内
補助上限額・下限額 ~50万円以下 50万円超~350万円 ~10万円 ~20万円
機能数・機能要件 会計・受発注・決済
のうち1機能以上
会計・受発注・決済
のうち2機能以上
左記ITツールの使用に資するもの
補助対象経費 ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分)・ハードウェア購入費・導入関連費等

会計業務に活用する場合

受発注業務と会計業務に活用する場合

  • クラウドモデルもご用意しています。詳細につきましては販売店までお問合せください。
  • 記載金額はイメージです。ご購入いただく製品モデルやライセンス数によって金額が変わります。

補助対象になりうるOSK製品

対象となるOSK製品

SMILE、eValue各製品は、IT導入支援事業者を通じて補助金対象となるITツールに登録いただいております。

詳細はOSK製品を取り扱っているIT導入支援事業者 にご相談ください。

OSK製品については、お問い合わせフォーム よりご相談ください。

補助金活用例

DX統合パッケージ『SMILE V2 販売』と『SMILE V2 会計』を導入し、適格請求書の発行や税額計算など、インボイス制度に対応。デジタルインボイスの発行・受領・自動保存も可能になり、業務効率を向上。

DX統合パッケージ『SMILE V2 会計』『eValue V2 ワークフロー』を導入し、仕訳処理などで入力した伝票の申請および承認業務を、電子的に決裁。申請・承認業務は、外出先でモバイル端末からも可能で、長時間労働を削減。

IT導入補助金の活用事例は、IT導入補助金ホームページ よりご確認いただけます。

Check Point

インボイス制度は、2023年10月1日から導入された制度です。インボイス制度では、仕入税額控除を受けるために「適格請求書発行事業者」が発行した「適格請求書(インボイス)」の保存が必要になります。
インボイス制度については『やさしく解説 インボイス制度』をご参照ください。

スケジュール

2次締切分

締切日 交付決定日
通常枠 2024年4月15日 (月) 17:00 2024年5月27日 (月)<予定>
インボイス枠(インボイス対応類型) 2024年3月29日 (金) 17:00 2024年5月8日 (水) <予定>

3次締切分

締切日 交付決定日
通常枠 2024年5月20日 (月) 17:00 2024年6月26日 (水) <予定>
インボイス枠
(インボイス対応類型)
2024年4月15日 (月) 17:00 2024年5月27日 (月)<予定>

4次締切分

締切日 交付決定日
通常枠 2024年6月19日(水)17:00 2024年7月29日(月)<予定>
インボイス枠
(インボイス対応類型)
2024年4月30日(火)17:00 2024年6月6日(木)<予定>

5次締切分

締切日 交付決定日
インボイス枠
(インボイス対応類型)
2024年5月20日(月)17:00 2024年6月26日(水)<予定>

6次締切分

締切日 交付決定日
インボイス枠
(インボイス対応類型)
2024年6月3日(月)17:00 2024年7月8日(月)<予定>

7次締切分

締切日 交付決定日
インボイス枠
(インボイス対応類型)
2024年6月19日(水)17:00 2024年7月29日(月)<予定>

参考:IT導入補助金ホームページ

IT導入補助金の詳しい情報は、「IT導入補助金」ホームページをご確認ください。

https://it-shien.smrj.go.jp/

  • 本ページでは、「SMILE V 2nd Edition」を「SMILE V2」、「eValue V 2nd Edition」を「eValue V2」と表記しております。
関連キーワード

製品お役立ち情報Contents

ご購入前の
製品/サービス
お問い合わせContact

企業のDX化や業務効率化に関するお悩みは「株式会社 OSK」へお気軽にご相談ください。

×

Cookieの利用について

このウェブサイトはクッキーを使用しています。このサイトを使用することにより、サイトの利用条件に同意したことになります。