カタログダウンロード

電子帳保存法とは

所得税法や法人税法等の国税に関する法律において、企業は帳簿や証憑書類などの国税関係帳簿書類を7年間(または10年間)保存する義務があります。

これらを電子データで保存することを容認したものが「電子帳簿保存法」です。国税関係帳簿書類の分類に応じて、定められた要件で保存する必要があります。

SMILE V2、eValue V2を利用した運用例

国税関係帳簿 -帳簿データ保存運用例-

SMILE V 2nd Edition 会計は、真実性や可視性の確保など、特例国税関係帳簿の機能要件を備えた会計システムです。

国税関係書類(取引関係書類)-スキャナ保存運用例-

eValue V 2nd Edition ドキュメント管理では、タイムスタンプ付与や画像ファイル情報保存など、機能要件に沿った運用が可能です。

電子取引データ -電子取引データ保存-

下記は運用例になりますので、法改正対応を検討される際は税理士または税務署にご確認の上、ご対応ください。

JIIMA認証を取得

SMILE V 会計、eValue Vは、電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトウェアとして、JIIMA認証を取得しています。

SKJ総合税理士事務所 袖山喜久造氏監修! OSK提供の証憑電子化保存 社内規程サンプル

「国税関係書類のスキャナ保存」「電子取引データ保存」を行う際、適正なデータ保存を行うために必要な社内規程のサンプルをご用意しています。

企業規模や業態、電子化する取引関係書類(電子取引データを含む)の種類に応じ、必要に合わせて記載内容の検討・修正を行えば社内規程の作成ができます。検討する必要のある箇所やeValueならではの運用部分は赤字で記載されているので、どの部分を修正すべきかがひと目でわかります。

※eValue V2 の導入・保守加入が必要です。

つながるって、イノベーション。

SMILE V2で、スムーズな業務処理を。

eValue V2で、部門を超えたコミュニケーションを。

仕事と仕事、人と人をつなげることにより、1+1が10にも100にもなっていきます。

新たな価値を創出し、普段の業務に革新を起こす、それがSMILE V2とeValue V2です。

※各モジュール名をクリックすると、ご紹介ページに移動します。