Windows Vista+Internet Explorerの注意事項

Windows Vista環境でInternet Explorerを使用した場合、SMILEieシリーズでは、エラーとなる場合があります。この環境でSMILEieシリーズをご利用のお客様は、以下の注意事項をよくお読みくださいますようお願い申し上げます。

対象となる環境

Windows Vista Business / Ultimate / Enterprise+Internet Explorerのクライアント環境で、かつSMILEieシリーズをご利用の環境

発生する現象

Windows VistaのInternet Explorerにて、「ツール」-「インターネットオプション」-「詳細設定」の「セキュリティ」-「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」にチェックが入っている状態で、SMILEieシリーズを使用した場合、エラーメッセージを表示し、Internet Explorerが終了します。

「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」の設定項目は、Internet Explorer 7以降で実装されています。
Internet Explorer 7 エラーメッセージ

原因

Internet Explorerにて「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」が有効になっている場合、SMILEieシリーズで利用しているActiveXコンポーネントが動作しないため、エラーとなります。

Internet Explorerの「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」の機能は、デフォルトでは有効の設定になっておりません。明示的に設定した場合のみ、有効になる機能です。

発生する現象

Windows VistaのInternet Explorerにて、「ツール」-「インターネットオプション」-「詳細設定」の「セキュリティ」-「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」にチェックが入っている状態で、SMILEieシリーズを使用した場合、エラーメッセージを表示し、Internet Explorerが終了します。

「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」の設定項目は、Internet Explorer 7以降で実装されています。
Internet Explorer 7 設定変更方法

本サイトに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

Copyright © 2018 OSK Co., LTD. All Rights Reserved.

資料請求 お問い合わせ TOPへ