はじめにお読みください

  • 動作検証状況に掲載されていても、メーカーサポートが終了したプラットフォームは、OSK製品のサポート対象外とさせていただきます。
    拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)購入済みの場合も、サポート対象外となります。
  • 動作検証状況に未掲載の新しいプラットフォームは、現時点では、OSK製品のサポート対象外とさせていただきます。
  • 動作検証状況の内容は、予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
  • OSやデータベースは、その組み合わせによっては動作しない場合がありますのでご注意ください。
  • 原則として、1台のコンピューターに構築するOSやデータベースは、32ビット版同士、64ビット版同士でご利用ください。

SMILE BS/BS 2nd Edition CTI (NTT版)
販売終了製品

サーバーOS

Windows Server 2019

対象エディション:

Standard / Datacenter

製品名 対応バージョン 備考
Windows Server 2019 (x64)(SPなし)Ver7.B4~【注1】

Windows Server 2016

対象エディション:

Standard / Datacenter

製品名 対応バージョン 備考
Windows Server 2016 (x64)(SPなし)Ver7.A1~【注1】

Windows Server 2012

対象エディション:

Standard / Datacenter

製品名 対応バージョン 備考
Windows Server 2012 R2 (x64) (SPなし)Ver7.2キ~【注1】
Windows Server 2012 (x64) (SPなし)Ver7.2W~【注1】

Windows Server 2008

対象エディション:

Standard / Enterprise

製品名 対応バージョン 備考
(*) Windows Server 2008 R2 (x64) SP1Ver7.2L~【注1】
(*) Windows Server 2008 R2 (x64) (SPなし)Ver7.26~【注1】
(*) Windows Server 2008 (x64) SP2Ver7.22~【注1】
(*) Windows Server 2008 (x64) (SPなし)Ver7.10~【注1】
(*) Windows Server 2008 (x86) SP2Ver7.22~【注1】
(*) Windows Server 2008 (x86) (SPなし)Ver7.10~【注1】

注記

【注1】
データベースサーバーとアプリケーションサーバーが異なるマシンで運用する場合、会社複製ではマニュアル記載の設定が必要になります。製品同梱のOSに応じた「ご利用時の注意事項」のマニュアルをご確認ください。
【注2】
POWER見積・発注Ver4.9(旧タイヘイ版)とSMILE BS/es 会計の連携を行う場合、POWERはVer4.91以上、SMILEは7.46以上+プロジェクト原価機能が必要となります。
【注4】
Oracle Databaseは、Oracle 11g R2(PSR11.2.0.4)、Oracle 12c(PSR12.1.0.1)、Oracle 12c(PSR12.1.0.2)を対象とします。
【注5】
Oracle Databaseは、Oracle 11g R2(PSR11.2.0.4)またはOracle 12c(12.1.0.2)を対象とします。
【注6】
SMILE BS/es 2nd Editionはサポート対象外となります。
【注7】
データベースはSQL Serverのみを対象とします。Oracleにつきましては該当のWindows Server対応後に検証を実施する予定です。

本ページの記載内容について

  • (x86)は32ビット版、(x64)は64ビット版を示します。
  • Windows Server 2008 R2は、64ビット版に特化したサーバーOSです。
  • (*)の付いている動作プラットフォームは、メーカーのサポート期間が終了しています。

本ページでは、「SMILE BS」および「SMILE BS 2nd Edition」を総称して「SMILE BS」と表記しております。ただし、それらのいずれかについてのみ適用される事項については、記述を区別し、または補足等している場合があります。

TOPへ